日光市内に残されている文化財を守り伝えるため所有者や管理者のご理解と協力を得ながらその保護と活用を図っています。

日光市の指定文化財|BUNKAZAI.EDU.NIKKOCITY.JP

印刷ページへ

名称 関白流小林獅子舞
種別1 無形民俗文化財
種別2 芸能
員数 0
地域 今市
所在地 日光市小林

写真をクリックすると拡大表示されます。


解説
 小林の獅子舞は、風流系一人立三頭獅子の関白流獅子舞である。
 舞役は雄獅子2人、雌獅子1人、庭役は額持ち、弓持ち、棒使い2人、花籠4人、鬼、道化役、笛方などから成り立っている。
 上河内の関白獅子舞を源流とすると伝えられている。藤原利仁公伝説にもとづき、悪魔退散の口伝が関白獅子舞の起源とされ、「天下一神獅子由来之巻」「秘密許之事」「神座式」「歌之巻」などの巻物が由来を伝えており、獅子舞行列の先頭の額持ちの柄に由来書が掲げられている。
 毎年、8月16日に小林瀧尾神社において、奉納獅子舞が行われている。鎮守の森での厳かな獅子舞であり、笛の音と獅子太鼓が静寂の中に響き渡る。鳥居の前で舞い、その後、境内に進み、四方に笹竹を立てシメ飾りを張った舞庭のところで棒使いによる立会い演技を行い、花籠を持った人が四隅に立って、獅子舞が行われる。独特な意味をもった舞が演じられ、鬼退治へと展開して行く、格調高い獅子舞である。
関連情報URL