日光市内に残されている文化財を守り伝えるため所有者や管理者のご理解と協力を得ながらその保護と活用を図っています。

日光市の指定文化財|BUNKAZAI.EDU.NIKKOCITY.JP

印刷ページへ

名称 文挾流手岡獅子舞
種別1 無形民俗文化財
種別2 芸能
員数 0
地域 今市
所在地 日光市手岡

写真をクリックすると拡大表示されます。


解説
 手岡の獅子舞は、風流系一人立三頭獅子の文挟流獅子舞である。
 舞役は雄獅子2人、雌獅子1人、庭役は弓持ち、棒使い2人、花籠4人、笛方とササラ摺り、旅人役などから成り立っている。
 文挟流は関白流とともに、北関東一帯に流布する二大流派の一つである。文挟流の源流としての形をもっともよく伝えられているといわれている。
 毎年、9月1日に近い日曜日に八朔風祭りが行われる。風水害から集落を守り、豊作への願いを込め、地域を一番組みと二番組に分けて、交互で獅子舞を行っている。笛の音に合わせ獅子太鼓とササラ音を奏でながら鎮守の森へ向かう。人丸神社の鳥居の前で舞い、境内において獅子舞を奉納して弁天様で舞う。旧名主渡辺家へ向かうころには正午近くになり、段階を追って続く獅子舞が繰り広げられる。その後、青龍様からお山塚での舞が終わる頃には夕方になり宿へ向かう。現在は公民館が宿に変わり獅子舞が行われる。躍動的で猛々しい舞と、旅人の口上が加わり、終盤の舞が行われる。長時間に渡る獅子舞である。
関連情報URL