日光市内に残されている文化財を守り伝えるため所有者や管理者のご理解と協力を得ながらその保護と活用を図っています。

日光市の指定文化財|BUNKAZAI.EDU.NIKKOCITY.JP

印刷ページへ

名称 黒部の獅子舞
(くろべのししまい)
種別1 無形民俗文化財
種別2 芸能
員数 0
地域 栗山
所在地 日光市黒部

写真をクリックすると拡大表示されます。


解説
 黒部地区に伝わる獅子舞は、文挟流一人立三匹獅子舞で、何時の頃から始まったのか詳しくはわかりません。しかし、古文書などをとうして知ることのできることは、元文3年7月30日に、師匠八平殿(現在の日光市文挟)が教授のために来られ、その12年後に舞い方の「なおし」に来られたと記憶されています。黒部の獅子舞はササラと称する道化役を務める子供達が獅子をからかうというところに特色があります。また、愛宕山神社前で奉納される獅子舞は上栗山地区と共同して奉納されるもので、出会い獅子といわれ、特色のある行事となっている。
関連情報URL