日光市内に残されている文化財を守り伝えるため所有者や管理者のご理解と協力を得ながらその保護と活用を図っています。

日光市の指定文化財|BUNKAZAI.EDU.NIKKOCITY.JP

印刷ページへ

名称 旧高原新田村の十九夜塔
種別1 有形民俗文化財
種別2 信仰
員数 1点
地域 藤原
所在地 日光市藤原

所在地名をクリックすると地図が表示されます。

写真をクリックすると拡大表示されます。


解説
 江戸時代中期頃から、十九夜・二十三夜などの月待ち信仰が女性たちによって盛んに行われた。この塔は各地で行われたそのような月待ち講のうち、旧高原新田村にあった十九夜講(塔)のものである。
 元来の十九夜講は村の女性が月齢の夜に行う忌(いみ)ごもりで、参加する者は水垢離(みずごり)を浴びて神体を清め、飲食を共にして月を拝む行事である。
 この十九夜塔は初期造立の特徴が見られ、光背型(舟形)の中に如意輪観音(にょいりんかんのん)を半肉彫りとし、銘文が台石ではなく光背部分に「奉唱血池念佛供養 講中女人六十五人 享保九年甲辰五月日 下野国塩谷群高原村」と陰刻されている。
 尚、旧宇都宮藩領の高徳村・大原村・藤原村・高原新田村の四か村に多いこの種の月待ち塔の内、その代表としてこの塔を文化財に指定した。
関連情報URL